本当にデメリット?計画道路がかかっている土地

keikaku-douroHousiaの浜です。

桜が咲き乱れている今日このごろですが、花見に行けてません…。
桜が散る前に行きたいな。日本人として…。

計画道路にかかっている土地や物件について

通常…なんていいますか…

大体95%の方々はこの「計画道路にかかっている土地」は嫌がります。

実際に土地を案内したり、物件を案内する時に図面に
計画道路がかかりますと書いてあると

『この物件は見なくて結構です』と言われることが非常に多いのです。

自分の土地が削られたり完全に道路になってしまうのを嫌がる方もわかりますが、
本当にデメリットだけでしょうか?

100名のうち、5人くらいはわざと計画道路にほぼ100%入っているところを選ぶ方もいます。
それはなぜか…?

立ち退き料もらえるからです!!

なんていいますか、、、ガッポリです。

通常は出ない迷惑料がもらえるんですね~。
場合によっては1200万円程度プラスで買い取ってもらえるケースもあるみたいです。

たまにキレイになった道路の近くにキレイな新築がたったりしてますが、
あれはまさしく…といった感じです。

ただし、土地がほぼ100%入っていなくて半分以下だと残りの半分の部分は買い取ってもらえないケースもあるようなので、十分注意してください。

あとは計画道路に入っている物件を買ったとしても、いつ計画が実行されるかわかりませんので、それも注意しましょう。

どうしても「将来的な立ち退き料がほしい!!」と考える方は
優先整備路線をお調べしてください(笑)

今なら平成37年までに整備を優先する区間が載ってます。

VIVA計画道路!