家を建てる際、誰に相談する?

meeting-1020230_640ハウシアの鮫島です。
今回は家を建てる時、誰と打合せをするべきかについて、お話したいと思います♪

施工の相談相手は誰?

ハウスメーカーor工務店の営業さん?
設計士さん?
インテリアコーディネーターさん?
現場監督さん?

お家を建てる時には、色んな人と打合せを繰り返し、仕様を決めていきますよね?言ってみれば家を建てる時に、一番大変なのはこの打合せかもしれません。

一生に一度あるかないかの、注文住宅です。自分の希望を叶えたいですよね?

しかし実際よくある話なのですが..
・打合せしたのに、現場にいくと、ところどころ仕上がりが違う…
・あれ?現場に行ってみたら外壁の材料が違う…?!

いったい何故でしょうか?

単純に施工業者が間違えたか、最初の打合せが施工業者に伝わってないというのが、多いです。逆にしっかりと内容が現場末端まで伝わっていれば、問題無いはずです。

結論。実は一番正確なのは現場で施工する人達と納まり(仕上がり)の話をすることなのです。

こんなこともよくあります..
・施工直前になっての仕様変更。(折角あんなに打合せしたのに何で今更?)
原因は、材料が入らないか、施工業者にコレは納まらない(うまく仕上げられない)と言われて、予定通りの施工が出来ないといったことが多いです。

珍しい材料等使う場合、発注後取り寄せる場合や輸入等で時間のかかる材料もあります。「発注後納品まで3ヵ月」等、ありがちです。
その確認をせずに、相談相手とカタログだけを見て商品を決めると、確保ができずに施工のスケジュールに間に合わないことも出てきます。
ですので、「施工する業者が出来ない!」と言うことに関しては、ただ闇雲に出来ないと言ってるわけでもありません。

今までの経験から言いますと、納まり上の問題(寸法が合わないだったり、材料との相性が悪かったり)を一番わかってるのは、やはり実際に施工する人間ではないかなと思います。
「なら、こうした方がいい」と言える人って、最終的には彼らではないかな、と思います。

とはいえ、当初相談相手に「出来ます」と言われたものを、後から「やっぱり出来ない」なんてひっくり返されても困りますよね?
そんな時ハウスメーカーはどう対応するのかと言うと、、彼らが全部負担するわけじゃないんですよ。施工業者、下請け業者が減額するんです。「協力してくれ」と頼まれて..

現場へ行こう!

繰り返しますが、誰に相談すればいいのか?

簡単です。現場に行って、そこで施工する人と話をしてください。
そこに、打合せをした相談相手を呼ぶのもいいと思います。打合せした施工内容が実現出来る出来ないは別としても、施工現場の素直な言葉が聞けますよ。そして、話も伝わります。
お施主さんが来ると、現場も緊張感でますからね♪

施工している人達の手を止めたらマズいかって、、?
大丈夫です。
やり直す方がもっとマズいですから!!

自分がこだわってるポイントや特別なことをやる時、是非現場に行って話をしてみて下さい♪
関係者皆がいい気持ちでお家を建てれますよ♪