固定資産税ってなに?

l_052固定資産税って聞いたことありますか?

もう既に、戸建てやマンションを購入している方にはなじみが深いかもしれませんね。
『固定資産税』

そして賃貸の時には全くなじみのない
『固定資産税』

固定資産税ってなんぞや?と申しますと。

『税』と言われているだけあって税金なのですが、地方税です。
正直、国税と私自身最近まで思ってました…。
東京都23区の場合は区ではなく都が課税してるようですが。

その1月1日の時点で土地、そして建物を所有している人に課せられる税金なんです!
新年早々、HAPPY NEW YEARと浮かれているなか税金も一緒についてきちゃう的な感じです。

その年の1月1日の時点での土地と建物の価格(価値)が算出されて一定の税率が課せられて納税するんです。
1年に1回必ずくる新年やクリスマス、バレンタインと違ってきてほしくないのが、
『固定資産税』です。

賃貸で近いのが香辛料…ちがった更新料ですね!
これに近いです。

心配なのがずっと同じ金額を毎年払うのか…?というところですが、
違います!

土地はその時の状況によって上がり下がりしたりするケースもありますが、
建物は古くなればなるほど価値としては下がってくるので、
少しずつですが、普通は下がってきますので安心してください。

じゃあそもそも…なんで固定資産税って払ってるの…?って話なんですが、
家やマンションを購入して時に家にもマンションにも大抵の場合は土地の権利も所有しているケースが多いです。(例外はありますが…)
マンションの場合も敷地の一部を自分の土地として持っているという認識になります。

家やマンションそして土地を購入すると、
あたかも自分の所有物になった気がしませんか?
所有権ってなってるし!
これは俺のだ!みたいな。

実際は日本+所有者みたいな感覚です。
固定資産税はもーーーーーっと簡単にいうと国への使用料です。
国への年会費制度…。

それが『固定資産税』

じゃあもう『固定資産税』なんて払わない!やだやだやだ!!と
思ったそこのあなた!!

普通に差押えくらいますのでお気をつけください。

それでもやはり土地や建物は資産ですので賃貸で大家さんにただ自分のお金を垂れ流すよりは資産的な価値からみても賢いですよね。

国も今相当購入への後押しの制度が多いのも事実です。
日本+自分のものですから仲良く付き合っていきましょう。

次回も固定資産税についてのお話しを書きまーす!