戸建とマンション、固定資産税の差

dollar-941246_640
画像:https://pixabay.com/

戸建とマンションってどっちの方が固定資産税が高い?

どうも!Housiaの不動産担当の浜です!

少しずつ暑くなってきましたね!
着実に夏に近づいているって感じがしますね。

今回は前回の続きで固定資産税についてです!

戸建にお住いの皆様!
マンションにお住いの皆様!
これから購入される皆様!

戸建とマンションってどっちの方が固定資産税が高くなりやすいか?

ご存知ですか?

戸建だと思う人〜??

マンションだと思う人〜??

この指とーーまれっ!!

では実際のところどうなんでしょう?

1番の違いは木造か、それともコンクリートか!!

上を見てもわかるように1番の違いは、木造の建物かコンクリートなどの建物か?

この違いが1番大きいです。

マンションは鉄筋コンクリート(RC)か鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)がほとんどです。

戸建は木造がほとんどですが、
軽量鉄骨などもありますね!
今回のは木造の前提で話を進めて行きますね!

どっちが良い、悪いは個々の皆様によって見解が違ってくると思いますが、国がちゃんと基準を設けております!

影響してくる部分それは…

耐用年数!!!(たいようねんすう!!)

どれ位耐える事ができるよというのを単純に国が基準で出したものです。

ちなみに住居用だと、戸建が22年!マンションが47年です!

戸建って22年しか保たないの?
マンションって47年しか保たないの?

中古とかやべえじゃん…

と勘違いしがちですが普通にちゃんと補修したり手入れすれば全然持ちます。

歴史の建造物などもそうですがちゃんと手入れすればどちらも長く保ちますよね??

欧州などではヴィンテージと言われる方が価値がある位です。

それはさて置いてこの耐用年数の違いこそが固定資産税にとって運命の分かれ道です…。

戸建だと思った人、マンションだと思った人、
実は固定資産税多く払いがちなのは………。

マンションの皆様でーーす!!

耐用年数が長いので建物の価値が長く続く…良くも悪くも建物に価値があると見なされるんですね!

「長持ちしそうよね!(By国家)」みたいな 笑

実際に固定資産税はどれ位の差になるのか?

じゃあ実際にどれ位の差になるのか?気になるところですよね!
木造とコンクリの価値の違いをまざまざと感じて頂きましょう。

仮に同じエリア、物件購入金額で購入して20年すると…
総額で150万前後固定資産税が変わってきます!

長く住むともっとですね…イタイ?かも?

実際にタワーマンションに住んでるお客さんが「固定資産税ハンパねぇ…」って話されていました。

私、タワーには住んだことないので気になるお話です。
でも、高所恐怖症なので絶対に住みませんけどね..

あっ強がり言いました…住めるほどの財力がない、の間違いでした。

固定資産税…奥が深いですよね…。

たかが税金されど税金です!

次回も固定資産税についてです。
小さいようで知ってる知ってないで大きな違いです!

もういいよ!!!ってなるまで続けます 笑