住宅工法の種類【木造軸組工法】

画像引用:http://auction.rakuten.co.jp/item/11843206/a/10000162/

こんにちは☆ハウシアの鮫島です。
今回は、住宅工法のお話その中でも、柱や梁(はり)を主とした線材を組み上げて造る工法、「木造軸組工法」についてお話したいと思います。

この工法、日本の伝統工法を基に進化した工法です。
伝統工法とは、同じく線材を組み上げて造る日本古来に主流になった工法です。伝統工法では、太い木材を使い強度を出していましたが、太い木材を使わずに、木材を細くし、筋交いを使用したり、接合部に金物を使い強度を出しています。

在来工法や軸組工法等色々な呼び名がありますが、伝統工法を簡略した工法なので、「在来」と呼ばれています。

木造軸組工法のメリット

次に軸組工法のいい所を考えてみます。

一般的なイメージとしては在来工法、軸組工法といえば自由設計ですね。

では、何故自由設計なのでしょうか?
その最大の理由は、線材で支えているいう事です。よく比較対象になる「2×4工法」では開口(屋根、壁、床、天井の一部が開放された部分)や間取りに制限があります。

要は、建物を線材で支えるか、面材で支えるかの違いです。

面材とは、いわゆる壁です。2×4では壁を構造として考えるため、広いリビングや大きな開口等、壁が減ると強度が保てないので制限がかかってしまいます。

軸組工法では、線材を構造とし、面材を構造としないため、吹き抜けや大きな開口などが造れるのです。
2階建までなら、法律の制限もさほどありません。開放的な空間や大きな開口で光を取り入れたい方にはピッタリです。

さらに将来的なリフォームやリノベーションも行いやすいと考えられます。

デメリット要素として考えられていた材料の値段も、木材によって抑えることもできますし、大工さんの技量の問題も今や気にならないと思われます。
今は1本1本の柱にイロハをふり大工自ら図面を書く、なんてことも無く、軸組工法でもプレカットを行うようになってきました。工場で加工されたプレカット材での組み立ては寸分の狂いなく、しっかりと綺麗に納まります。

日本の伝統工法と言われるだけあり、軸組工法は日本の風土に合った工法です。
これだけ年月経った今でも、愛され進化しているんです。
こだわりの一軒家、開放感や木のぬくもり、日本の伝統工法から伝わる柱の家を建てるなら、軸組工法がオススメです。
次回は、デメリットについてお話したいと思います。

それでは、、、☆