売却③ 土地を売る手続き~引渡し~

702d0045a5292f22f276e71e6cdc32a5_s

今回のコラムは、
『土地を売る手続き~引き渡し~』について、
お話します!!

土地の売買代金のうち、契約の時に受け取った手付金を、除いた残りの金額を買い手から受け取れば、土地を買い手に引き渡します。

このとき、売買代金を受け取ったことの証明として、売り手は領収書を発行します。
領収書は印紙税の課税対象ですが、営業に関するものでなければ、非課税となります。

また、土地の所有権が、売り手から買い手に移ったことを証明するため、所有権移転登記を行います。

実際の申請手続きは、司法書士に依頼することが一般的ですが、必要書類(登記識別情報か権利証,印鑑証明書,住民票etc…)は、売り手が自ら用意しなければなりません。

これ以外にも、買い手に土地の図面を引き渡すほか、不動産業者に仲介手数料を支払うといった手続きがあります。

以上で、
土地を売る手続きをご紹介しました。仲介を不動産業者に依頼すれば、手続きのつど指示があるので、それに従うと手続きは完了します。

しかし、売買契約の内容については、自ら確認することを怠ってはいけません。

次回は、『フリーレントのメリット,デメリット』です!!

では、
また次回お楽しみに!!