シェアハウスのデメリット

rsadbfdq7dx6qw2zyqavm4eba-0xyesq-_ylta2rivbiyetfyuaoa1ziu3uv7_ylux3odmtayn3vldmc1bdad

どうも米満です!
今回のコラムは、『シェアハウスのデメリット』について、お話します‼

単身者にとっては家賃を節約できて、様々な人との関係が広まるきっかけとなるシェアハウスは魅力的です。
しかし、運営をきっちりしないとその魅力もなくなってしまいますので、
本気でシェアハウスとして貸すことを考えるなら、しっかりと準備を行いましょう!
シェアハウスの問題で一番大きいのは、トラブルが起きやすい点かもしれません。

騒音や人間関係,ゴミの処理など全く違った環境で育った人間同士が共同生活を営むので、人間関係のトラブルを完全無くすことは難しいと思います。

また、多くの人が暮らしているので、管理体制にも気を付ける必要があります。
特に共用スペースのメンテナンスには注意を払うべきでしょう。

そして、物件をそのままシェアハウスとして貸せるならいいのですが、場合によっては大規模なリフォームが必要になることもあります。

その場合、初期費用をどのように調達するかが大きな問題となります。
資金計画をしっかり立てて臨まないと、運営が遂行できなくなる可能性もあると思います。

逆にいえば、このあたりの計画がしっかりしていれば、シェアハウスとして貸すことのデメリットは解消されます。

デメリット解消へ向けて

真っ先に取り掛かってほしいのは、運営上のルール作りです。

共用スペースの取り扱いや、入居者同士の付き合い方のルールなど、決めるべき項目はたくさんあります。

また、シェアハウスのトラブルの大半は、入居者同士の人間関係だと思います。
新しく入居者を迎える場合は、他の入居者とミーティングの形で面接するなど、相当の配慮が必要だと感じました。

資金計画の面でも、配慮をする必要があります。
自己資金で賄えるなら話は別ですが、銀行等の金融機関から融資を引き出す際は、綿密な事業計画を練らないといけません。

シェアハウスのデメリットを回避して、メリットを受けるには「計画」が何よりも大事です。