リフォームとリノベーションの違い~リフォーム編

images画像引用:http://www.lixil.co.jp/reform/toiletroom/

どうも米満です!

今回のコラムは、
『リフォームとリノベーションの違い~リフォーム編』について、お話します!!

『リノベーション』という言葉を聞いて、皆さんはおそらく、
「最近よく聞くけどリフォームの事??」
「大きなリフォームのこと??」
「リフォームをカッコ良く言った言葉??」など、
色々なイメージを持たれている方が、いらっしゃると思います。

そこで今回は、『リフォーム』と『リノベーション』の違いを2回に分けてお話します!!

まず初めに、リフォームとリノベーションは、国で定められた明確な定義はないです。
リフォーム会社などが、それぞれの解釈をして使い分けています。

そのことを踏まえた上で今回は、『リフォーム』についてお話します!!

≪リフォーム≫
・新築時に近づくように復元する。←修繕
・原状回復のための修繕や営繕,不具合箇所への部分的な対処
・キッチンやお風呂など、設備を新しい物と入れ替えて、新しい壁紙を張り替える。

『リフォーム』とは、住宅を改良することです。
外壁の塗装や和室の設置,住宅の耐震化など、住宅に手を加えて改良するあらゆることを指します。

また、『リフォーム』という言葉は、古くなった建物を新築の頃の性能に戻すことに使われる傾向があります。
穴の開いた壁の補修や傷ついた床の張替など、元に戻すことに使われる言葉です。

少し具体的に言うと外装の塗り直しや、キッチン設備の変更,壁紙の張替などが、『リフォーム』に当てはまります。

では、また次回お楽しみに!!