リフォームとリノベーションの違い~リノベーション編~

images

画像引用:http://www.lixil.co.jp/reform/toiletroom/

どうも米満です!

今回のコラムは、
『リフォームとリノベーションの違い~リノベーション編~』について、お話します!!

≪リノベーション≫
要約して説明しますと、
・新築時の目論見とは「違う次元」に改修する機能
・価値の再生のため改修
・その家での暮らし全体に対処した包括的な改修
のことです。

ちょっと難しいですね。。。
簡単に説明しますと、住宅を大規模に改良し、新築の頃以上に性能を向上させて、住宅に新たな価値を加えることです!!

英語で、<Re + Innovation>

Innovationを和訳すると、「革新」,「刷新」,「一新」といった意味です。

「リフォームとリノベーションの違いまとめ」

『リフォーム』が、マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための、機能の回復という意味合いに対して、
『リノベーション』は、プラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。

よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて、間取りや内外装などを、変更したりすることなどが含まれます。

例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、広々とした、リビングダイニングキッチンにしたりすることなどが、『リノベーション』に該当します。

では、また次回お楽しみに!!