小数点の話

syousyuutenn

どうも米満です!

今回のコラムは、『土地と建物の小数点』について、お話します!!

土地や建物の面積で表示される『小数点』ですが、ちょっとしたルールがあるのです!!
土地の面積に関する数字は、小数点第3位を切り捨てることになっています!!

その理由は、敷地面積を例えにしますと、小数点以下を切り上げたり、四捨五入を行って数字が実際よりも大きくなってしまうと、敷地面積が存在してしまうことになるからです。

全ての土地で架空の敷地が発生したら、日本の地図に納まりません。
土地,敷地の面積を測る測量士は、このルールに則って測っています。

一方、建築の数字は異なります!!『小数点』の取り決めがありません。

建物に関する法律である建築基準法でも、小数点以下の数字の取り決めに関する記載がありません。

土地の面積や建物の面積や高さの数字は、細かく気持ちの良い綺麗な数字で納まることは、なかなかありませんので、小数点以下の数字のルールがなければ混乱してしまいます。

それに、例え小数点以下の話でも、規定の数値以上になってしまえば建築不可とされてしまうほどナーバスな問題です。

やはり、扱っている物が物だからこそ、細かいルールが必要なのです。

では、また次回お楽しみに!!