人造大理石と人工大理石の違い(人工大理石について)

dairiseki

どうも米満です!

今回のコラムは、
『人造大理石と人工大理石の違い~人工大理石編①』について、お話します!!

「大理石」という名称ですが、実は人造大理石のように天然石の成分は一切含まれていません。
アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした、人工素材のことを『人工大理石』といいます。

人工大理石は様々な形に加工したり、着色性に優れているため、型さえあれば大量生産することも可能です。

また、透明感を表現することにときしているので、浴槽などによく使用されています。

天然の大理石と比較すると柔らかく傷つきやすいので、研磨剤入りのナイロンたわしやクレンザーを使用すると、艶の違いが生じることや着色したものの場合は色も削れてしまうため、ほんのり白くなるという欠点もあります。

また、主成分が樹脂であるため「大理石」の無機質で高級感のある風合いを出すことが難しいので、大理石の風合いが気に入られている方にはあまりオススメはできません。

【人工大理石を採用しているメーカー】
・キッチン:クリナップ,TOTO,エイダイ
・浴槽:クリナップ、TOTO、ノーリツ

では、また次回お楽しみに!!