お部屋を良い香りにする。香りを持続させる方法①

aromatherapy引用:http://b-steady.com/aromatherapy-for-hay-fever-2660

どうも米満です!

今回のコラムは、『お部屋を良い香りにする。香りを持続させる方法①』について、お話します!!

玄関から入った瞬間に良い匂いがする部屋って憧れますよね?
自分が癒されるだけではなく、お客さんも幸せな気持ちになります。

~お部屋を良い香りにする~
  • 消臭剤を置く
    良い香りをさせるうえで大切なのは、嫌な臭いをしっかり消すことです。
    消臭剤は、見た目の印象があまり良くないという理由で、目立たない場所に置いていませんか?
    匂いは下に溜まりやすい性質があるので、消臭剤は「低い位置」に置くのがベストです!!
    棚の上や高い位置では、消臭効果を発揮できない可能性があります。また、空気が溜まりやすい場所や、生活臭が気になる場所に置くようにしましょう。
    例えば、玄関の下,トイレ,ゴミ箱近く,窓のない部屋など。
    さらに、空気が出ていく換気扇の近くに置くと、
    嫌な臭いを連れて外に出してくれるのでオススメです。
  • 芳香剤を置く
    嫌な生活臭を取り除いたら、芳香剤で香り付けをします。
    臭いをとる消臭剤と比べて、芳香剤は高い位置に置く必要があります。
    芳香剤を高い位置に置くことで、
    香りが鼻を通るように低い位置に流れるので、良い匂いだと感じやすくなります。
    さらに、
    風通しの良い場所(空気が部屋に入ってくる場所)に置くと、
    良い匂いが部屋に広がりやすくなります。
    窓の近くのような、空気の通り道に置くと良いでしょう。
  • アロマディフューザーを焚く
    水にアロマを垂らして、
    火を使わずに蒸気で香りを広げます。
    見た目に癒されたり、
    加湿器の役割を果たしているタイプのものなどあるので、
    寝室で使われている方も多いです。
    アロマディフューザーを使う場合は、
    使う部屋の広さやコンセントのあり・なし等を確認して選びましょう。
    香りが広がらないと感じる場合は、空気の通り道に移動させてみてください。
  • アロマキャンドルを置く
    インテリアの一部として人気のアロマキャンドル。
    香りの強いキャンドルであれば、火を灯さなくてもほんのりいい匂いがしてきますよ。
    見た目が良いので、芳香剤の代わりに玄関やトイレに飾っておくのも良さそうです。
  • 石鹸を置く
    あまり強い匂いが好きではない,優しい香りが好き等そんな方には石鹸がオススメです。
    部屋に好みの香りの石鹸を置いておくだけで、ほんのり良い匂いがしてきます。オシャレな見た目なものも多く、苦手だと感じる人が少ないので、来客が多い部屋に良さそうです。ただし広い部屋に使うには、数をたくさん増やさないといけません。
    また、
    香りを感じなくなったら、新しい石鹸と交換するようにしてください。

では、また次回お楽しみに!!