自宅内のカラーコーディネイト

intelia_color
画像引用:http://simplemodern-interior.jp/

家の中のカラーコーディネイトについて

どうも米満です!
今回のコラムは、家の中のカラーコーディネイトについて、お話します!!
まず家の中のカラーを決める際には、住空間のゾーニングが必要となります。

  • ゾーニングとは?

その部屋の使用目的により、『パブリックゾーン』と『プライベートゾーン』の、2つのどちらに当てはまるかを分けることを指します。

『パブリックゾーン』は、家族が集まるだけでなく、お客様を招く可能性のある部屋を指します。たとえば、客間、リビングルーム、ダイニングルームなどです。

『プライベートゾーン』は、決められた人しか利用しない部屋のことで、寝室や勉強部屋がこれに当たります。

  • 2つの空間の色決めは?

『パブリックゾーン』と『プライベートゾーン』では、カラーコーディネートに使う色が違ってきます。

『プライベートゾーン』は個人の空間なので、そこを利用する人の好みの色を使うことができますが、『パブリックゾーン』は個人の好みだけでコーディネートするわけにはいきません。

『パブリックゾーン』は、家族以外の目に触れる機会もあることから、誰からも受け入れられる色を使ったコーディネートが基本となります。

『パブリックゾーン』のカラーコーディネート
  • 玄関

最初にお出迎えする空間なので、その家の第一印象を与える重要な位置づけになります。
暖かく迎え入れる感じが必要となりますので、色は暖色系の落ち着いた色が良いです。

  • リビングルーム

リビングは、家族団らんだけでなくお客様の対応もこの部屋で行われることが多いかと思います。
やはり明るく落ち着いた雰囲気が好まれますが、くつろげる空間であることが重要であるため、床の色よりも壁の色を少し明るく、天井はさらに明るく、といったように上へ行くにしたがって明るい色にします。
なぜかといいますと、下方に暗い色を持ってくると落ち着くためです。

  • ダイニングルーム

食事をするための空間ですので、食事が美味しく楽しく感じられるということが最大のポイントとなります。
青のような寒色系の色は、食べ物を美味しく見せることには不向きですので、暖色系の色がお勧めです!!

※ダイニングルームとリビングルームが一体となっている場合は、キッチンからリビングルームへと繋げる空間として、共通の色を使うなどの配慮が必要です。

こういったポイントを踏まえたうえで、どのようなイメージの部屋にしたいかを考えます。
イメージが固まると色を選びやすくなります。

では、また次回お楽しみに!!